家具制作鯛工房

モダンでシンプルな家具を制作する家具椅子工房です

高村のじいちゃん

私の工房の下の畑は、隣部落の高村のじいちゃん、ばあちゃんが豆や野菜を植えています。去年の夏に、その一部を借りて、私は蕎麦を作る気でいました。
夏のある日、じいちゃんが心配して畑の件はどうなったかと、聞いて来るので、今、ある事情で今年は貸してもらうかどうかわからないと答えていました。
私はそのとき、JICAのボランティア試験を受けている最中だったのです。

合格した後、じいちゃんに事情を説明すると、「そうですか、そりゃよかったですばい。マレーのどこに行くですか?」といいながら、あれこれ僕の知らない地名を出してくるのです。
不思議に思って聞き返すと、「わしゃ南方に四年おったですもんナ」と言います。
「マレーはいいとこです。若い時期には行ったほうが良かですタイ」、「暑さは夏の小国と大差なかです。心配なか」。

船で行くか飛行機で行くかと聞くので、飛行機でと答えると、我々は船で四、五日かけて行った、東シナ海の台湾の先は大そう揺れた、「そうですか、飛行機なら大丈夫ですタイ」と言う。
じいちゃんは、南方の前は、シベリアに志願して五年いたという。「寒いよりは暑いほうが良いですばい。寒さはこたえますキ」「気をつけて行ってくだっせ、良いとこでスばい」と重ねて言うのです。

トレンガヌの北方は、日本軍が初めてマレー半島に上陸したところです。
クアラルンプールからトレンガヌに行く途中の山岳地帯を眺めながら、僕は高村のじいちゃんの話を思い出していました。
日本兵は、よくここを行軍してきたなぁ。大変だったろうなぁ。なんだか申し訳ない気がしていました。
「すいません。日本人はだれています」と、私は自分のことを呟いた。八十歳をとうに越した高村のじいちゃんの元気が半端じゃないのがよく分かった気がしました。

最後にじいちゃんは、「平地はよかばってん、山は土人とサルがおりますき、注意なさらんと」と言ってくれました。
少し可笑しかったが、とても嬉しかった。
身勝手なもので、事情は違うが、僕と同じ地に立っていた高村のじいちゃんに、そして大東亜を戦った証人の一人として、うんと長生きをしてもらいたいものだと思ったのです。
(2001/1/13)

Contents
Sales & Service

椅子用ペーパーコード
デンマーク製ペーパーコードを販売しています。

桐油の販売
オイル仕上げ用の「桐油」を販売しています。

椅子の張替え
Yチェア等の椅子の張替を行っています。

ウィンザーチェア教室
英国スタイルの本格ウィンザーチェア制作教室を開催しています。

Link

興味の壺
プロダクトデザイン・メカニスム・伝統的アーキテクチャー等を紹介しています。