家具制作鯛工房

モダンでシンプルな家具を制作する家具椅子工房です

テ・キ・オ・ウ

嫁さんに、マレーシアに十年位住んでいる日本人の知人がいます。 彼女の主人はここで商売を行っています。彼女が言うには、地元従業員は、日本と違ってせかせかしないので、かなり戸惑うそうです。 自分に落ち度があっても、なかなか謝らないのがこちらの習慣です。プライドが高い地域なのです。

ある日、車を貸したら、ぶつけてきたので注意すると「気にすんな」と言われ、切れたと言います。
私の同僚に聞いたことがありますが、回教の教えでは、不幸なことも神から与えられたものですから、受け入れなければならないそうです。そういう教えがベースにあるのかもしれません。

中国、台湾、韓国系の人間性はかなり似た部分があり、自分の利益を第一に考える傾向が強く、それは徹底していると言います。
だから、トラブルのときにはすごい反論が返ってきて、譲らないし、折れません。 交通事故のときのおばさん達の文句には、誰もがお手上げだという話は、地元の方からも時々聞きます。

嫁さんの知人は、ある日、駐車場でチャイニーズの若いおねえさんと、おばさんが言い合っていた所に遭遇したそうです。
暫時、おねえさんはおばさんに唾を吐きかけ、怒ったおばさんはおねえさんの車のアンテナをもぎ取ったそうです。逆上の二人はとうとう取っ組み合いを始めたというからすさまじい。

この国では、意見をきちんと述べないと自分の状況は改善されません。
ただし、長く住むと要領が分かってきて、きちんと意見をいえば、思うように事は運ぶし、マレー人は、後々まで気にしないから関係が悪くなることは滅多に無いそうです。
だから慣れると、とても住みやすい国だと言います。
そういえば、中国系の方々からは、マレー系がのんびりしているから、ビジネスチャンスがあるので、かえって良いということも聞きました。

最近、三男の迎えのスクールバスがさっさと行ってしまい、三男はタクシーを使って行かなければなりませんでした。
怒った我が妻は、翌朝、バスの運転手にタクシー代を返せと訴えました。
運転手は、ずいぶん待ったとか、部屋まで呼びに行ったが来なかったので行ったなどとまくし立てましたが、怯まず、「門番(セキュリティ)に確認したら、行ってはいないというじゃないか、嘘をつくのではない。いつも我々は、毎朝あんたの来るのを長い間待っているのだ」などと、声高に応戦し、手の平を差し出して、返してくれと譲らなかったそうです。
とうとう運転手は、シェアしようと言って、タクシー代の半額を出したそうです。

あなたに教えられたようにやったという我が妻に、私でもそこまではしたことないと、知人は驚いたそうです。
これはすごい 「テ・キ・オ・ウ・リョク」 に違いないと、わたしも驚いたのです。
(2001/10/12)

Contents
Sales & Service

椅子用ペーパーコード
デンマーク製ペーパーコードを販売しています。

桐油の販売
オイル仕上げ用の「桐油」を販売しています。

椅子の張替え
Yチェア等の椅子の張替を行っています。

ウィンザーチェア教室
英国スタイルの本格ウィンザーチェア制作教室を開催しています。

Link

興味の壺
プロダクトデザイン・メカニスム・伝統的アーキテクチャー等を紹介しています。