家具制作鯛工房

モダンでシンプルな家具を制作する家具椅子工房です

台湾包(パオ)の作り方

台湾出身の方からパオ(包)の作り方を習いました。台湾では包子といいます。パオとは、日本でいう饅頭です。あんこは甘いものから肉まんに相当するものまで様々です。なかなか美味しいので紹介します。
ついでに、パオ用の粉(強力粉)に付いていたレシピからマレイ風の冬菇鶏丁包(chicken & mushroom pau)の作り方も合わせて紹介します。マレイ風といっても、中華系マレイ風です。
もちろん、マレイ人の作るパオもあります。これは、見かけ生地とも日本の饅頭とそっくりです。ただし、アンコはココナッツ入りの甘いものです。

中華系マレーシアのパオは皮がすごく柔らかく、台湾のものは固めです。マレイ、日本は台湾と同じ硬さです。
パオは屋台のヤムチャ屋にあります。ヤムチャとは、日本でいうシューマイのようなものです。中身の違いで非常に多くの種類があり、選ぶのに迷ってしまいます。店の人はヤムチャとパオを蒸しながら客を待っています。

嫁さんはいろいろな食べ物の作り方を習い、また、日本のものも教えているようですが、彼女の作る餃子、ハンバーグ、レアチーズケーキは好評のようです。
以下の二通りの作り方は、どちらも試しましたが、大差ありません。ただし、我が家では、鶏に代えて豚肉で作っています。後はアレンジして下さい。
(2002/3/2)

台湾風 パオ(肉まん)の材料
生地 アンコ
強力粉250g 豚肉(ミンチ)500g
薄力粉250g小麦粉大さじ 1.5
ドライイースト約 10g パセリ みじん切り1/2 把
1 1/2 カップニンニク みじん切り大さじ 2
1/4 カップ紫たまねぎ みじん切り大さじ 2
砂糖1/4 カップ1/2 カップ
  醤油大さじ 2
  砂糖大さじ 3
手順
1. 粉とイースト、それに水に溶いた砂糖、オイルを混ぜる。
2.10~15分間手でよくこねる。
3.40gずつ取って丸め、およそ10分寝かせる。
4.生地を平たくし、予め作っておいたアンコを入れ丸める。桃状にしたりデザインは好みに。
5.膨らむまで、20~40分寝かせる。膨らみ過ぎないように。
6.10分蒸し、火を止めて3分そのままで待つ。これがふっくら仕上がるコツです。
7.台湾の方はドライイーストとベーキングパウダを半々に混ぜます。
本来は中国パセリを使いますが、香りが強く好みが分かれる所。また、手に入れば「char siu sauce」を多少加えます。醤油ベースのどろっとした調味料です。使わなくてもほとんど問題ありません。
8.prepare filling:刻んだガーリック、オニオンを香りが出てくるまで良く炒める。豚肉を加えて炒める。水、小麦粉、砂糖、醤油を加える。とろみが出たらパセリを加える。出来上がったら冷ましておく。
中華系マレイ風 冬菇鶏丁包の材料
生地 アンコ
強力粉500gチキン(細かく刻むか、ミンチ)500g
ドライイースト6g缶入りマッシュルーム200g
砂糖100gカブ 又は 大根。
本来は地元でマンクァンと呼ばれているものを用います。日本で言えばカブですが、それより硬いものです。
250g
ショートニング又はコーンオイル50g生ショウガ5g
250gたまねぎ150g
  ガーリック5g
  4g
  砂糖4g
  ゴマ油8g
  醤油8g
  42g
  胡椒4g
  コーンスターチ(片栗)8g
  14g
手順
1.強力粉とイースト、それに水に溶いた砂糖、オイルを混ぜる。
2.10~15分間手でよくこねる。
3.40gずつ取って丸め、およそ10分寝かせる。
4.生地を平たくし、予め作っておいたアンコを入れ丸める。桃状にしたりデザインは好みに。
5.膨らむまで、35~40分寝かせる。膨らみ過ぎないように。
6.10分蒸し、火を止めて3分そのままで待つ。
7.6gのドライイーストに変え15gの生イーストを使ってもいい。
8.prepare filling:刻んだショウガ、ガーリック、オニオンを香りが出てくるまで良く炒める。その他の材料を加える。水、コーンスターチを加える。出来上がったら冷ましておく。
Contents
Sales & Service

椅子用ペーパーコード
デンマーク製ペーパーコードを販売しています。

桐油の販売
オイル仕上げ用の「桐油」を販売しています。

椅子の張替え
Yチェア等の椅子の張替を行っています。

ウィンザーチェア教室
英国スタイルの本格ウィンザーチェア制作教室を開催しています。

Link

興味の壺
プロダクトデザイン・メカニスム・伝統的アーキテクチャー等を紹介しています。