家具制作鯛工房

モダンでシンプルな家具を制作する家具椅子工房です

トゥクトゥクは走る―結婚式参加

私のカウンターパート(仕事上の相棒:通常技術移転の相手)は、ラオスの多くの先生の例に洩れず、勤務時間外にアルバイトをしている。
給与が低いせいだが、彼の場合は、トゥクトゥクというラオスでは非常にポピュラーな改造オート三輪を使って、いわばタクシー業を営んでいる。

自前の交通手段を持たない庶民は日常生活の足として通常このトゥクトゥクを利用し、何でも運ぶ。豚がくくりつけられ、ブヒーブヒーと叫び声を発しながら走り去っていったトゥクトゥクを見た時は笑えた。

ツクツク ちなみに、小型の多くは125tの日本製モーターサイクルのエンジンを利用している。首都ビエンチャンでよく見かけたトゥクトゥクは、古いSUZUKI製2ストローク、ロータリーディスクバルブ、2エギゾーストという今の日本ではほとんど見かることのないエンジンを使っているものが多かった。
信頼性が高いのだろうが、このエンジンばかりよく集めたものだと思う。

ところが、私のカウンターパートであるシーニャのトゥクトゥクは一回り大きいダイハツ製水冷660tエンジン搭載のもので彼の自慢である。
もちろん日本の軽自動車のものだ。彼は「ミツビシ、ミツビシ」と誇らしげにいうのだが、確認してみるとダイハツ製で、それを指摘すると少し悲しそうな顔をした。しかし、価格は20数万もするので、皆そうそう買うことはできない貴重品なのだ

ツクツクから見る 先日、我々夫婦は木工科のスタッフの結婚式に招待された。副校長の車を断り、気が楽なシーニャのトゥクトゥクで参加することにした。朝の7時に待ち合わせ、シーニャの奥さん、彼と仲のいい学校のスタッフの合計8人で出発した。
それが普通なのかもしれないが想像以上に飛ばす。少しびびった。トゥクトゥクのフロントフォークは小回りをするために異常に立っているが、直進性に欠け、急ハンドルでおそらく瞬時に横転するに違いないのだ。

バイク用のウインドウシールドしか付いていないトゥクトゥクでは、乗客は風をもろに受ける。早朝は気温も低く、寒さと予想外のスピードで私は震え上がっていたが、皮ジャンパーを着たシーニャは、時折するどく山羊や牛をかわしながら孤高の運転を続ける。
それが妙に板についていて学校の仕事よりよほど向いているのかもしれないと考えてしまう(写真は街を抜けようとするトゥクトゥク。この先、車両は少なく、道は直線が多くなり、時折山羊や牛が道を遮る)。

ダート路 舗装路をターンして村落への道を進む。深い砂と、ギャップでエンデューロ用のモーターサイクルなら最高の道に違いないが、サスペンションストロークの少ないトゥクトゥクには厳しい。
雨季になったらこの先の部落の人々は国道に出ることが可能なのだろうかと思ってしまう。水温計が機能していないのは不安だったが、シーニャのトゥクトゥクは、激しいギャップも深い砂地も急な坂もワッセワッセと乗り越えてしまった。シーニャはエンジンを叩いて、矢っ張り「ミツビシ、ミツビシ」と誇らしげにいった。
口の中は砂で、じゃりじゃりしていたがトゥクトゥクは侮れないのだ。

ラオの田舎民家 国は違うけれど、熊本の田舎の我が家がそうであるように、この地域の祝い事も盛大だった。田舎のまつりごとはどこか似ている。近隣の部落からも人々が集い、明け方まで盛り上がるに違いない。

カウニャウというもち米とラープというおかずを食い、酒を飲む。こういう場に同席することも我々の仕事の一つだと実感した。国籍、習慣が違っても、人は根っこの部分で人として同じものを確認することができたとき、信頼が生まれ、垣根が解けていく。
けっしてどちらが上でも下でもないのだ(写真は結婚式の様子を二階(いや高床式だから一階)から見つめる子供や部落の人たち)。

ローカルの連中は元気だったが、片道2時間のトゥクトゥクの旅は疲れた。しかし、車を購入しない限り、我々は今後もシーニャのトゥクトゥクを利用するに違いない。
帰る途中には、メンバーの親戚のお店に立ち寄り、カウニャウと近くの池で取れたエビ料理を楽しんだ。必ずカウニャウが出てくるのだ。チリ料理にカウニャウは相性がよく、思いの外、食ってしまうがヘビーである。
その日の夜は寝付くまで胸焼けの嵐に悩まされてしまった。
(2005/01/26)

Contents
Sales & Service

椅子用ペーパーコード
デンマーク製ペーパーコードを販売しています。

桐油の販売
オイル仕上げ用の「桐油」を販売しています。

椅子の張替え
Yチェア等の椅子の張替を行っています。

ウィンザーチェア教室
英国スタイルの本格ウィンザーチェア制作教室を開催しています。

Link

興味の壺
プロダクトデザイン・メカニスム・伝統的アーキテクチャー等を紹介しています。