家具制作鯛工房

モダンでシンプルな家具を制作する家具椅子工房です

Carl Hansen & Son / ダイニングチェア CH36

carl hansen & son 社製ダイニングチェア Carl Hansen & Son 社(デンマーク)製のダイニングチェアです。デザインはハンス ウェグナー。シンプルで加工コストを押えたチープモデルです。
デザイン的にそれほど優れた椅子だと感じないのは、後脚が垂直のせいかもしれません。しかも、後脚は丸棒で背もたれ部にテーパーを付けてあるために上部が狭く、安心感や座り心地が良いという印象を無くしています。これはコスト優先の処理でしょう。これもデザイナーに与えられた重要な役割の一つです。デザイナーは高いレベルで様々な要求事項に答えていかなければなりません。ちなみに、次のモデルCH-37では、後脚のテーパーがゆるく、この椅子よりも安心感を与えています。

carl hansen & son 社製ダイニングチェア/シート前 しかし、座ってみると予想に反して掛け心地が良いのは、平行に積層された成型合板製の背板が、予想より深い位置で背中を支えてくれるためです。
短時間座ってみる場合は掛け心地がいいと感じますが、長期間使うと、後方への傾斜がありすぎてテーブルや机に向かうたびに上体を起こさなければならず、掛け心地、使い勝手がいいとは感じません。座面に傾斜が付いているということもその原因の一つです。ラッシュシートの場合は臀部をホールドしますので傾斜角はゼロか、若干でいいと思いますが、この傾向は「Yチェア」など他のウェグナーの作品も同様です。基本的な感覚が違うのだと思わざるを得ません。
写真はかなり使い込んだCH-36です。座面のラッシュがかなりへたっています。

ラッシュを取り去ったところ。さすがにフレームはバランスが良く、非常に綺麗です。
ラッシュはかなり強く引っ張って張りますので、シートレールは太くするか、幅を取らないとテンションで曲がります。その対策としてレールを幅広にし、美しい形状に成型しています。

carl hansen & son 社製ダイニングチェア/シート側面 シートレールのサイズ
幅: 37.5mm
厚さ: 25mm
柄径: 20mm

シートレールを幅広にすると、内側のエッジが身体にさわります。それを防ぐために内側へ傾斜させています。写真(一番上)でも内側のエッジが出ているのが判ります。
以下は傾斜角の実測値です。それほど正確ではありませんが参考にはなると思います。

carl hansen & son 社製ダイニングチェア/シート上面 シートレールの傾斜角
前: 8°
後: 3.5°
側: 7°(左右の平均値)

上面から見たシート部分。本当に綺麗なバランスです。ラッシュの捨て編みをしています。見にくいのですが、右側のシートレール上面には木取り時の鋸目が残っているのが判ります。
このシートレールの形状のもう一つのメリットは、ラッシュが後へずれて行かないことにあります。
この椅子の座面は台形です。通常台形の場合、使用するにしたがって、ラッシュは後へずれていきます。しかし、このような形状のシートレールの場合、中ほどが前よりも広くなっているため、ラッシュ全体が後へはずれていかないのです。後方は多少ずれていきますが、問題にならない程度です。

捨て巻き部分の拡大(左側)。巻き始めと巻き終わりをネイルで固定しているのが判ります。右は規定の所まで捨て巻きをし、本編みに入ります。
以下、各部の参考寸法。

carl hansen & son 社製ダイニングチェア/ラッシュ捨て巻き シートの傾斜角: 3°
背持たれの角度: 100°
シートサイズ(計測:最外形)
前: 526mm
後: 468mm
側: 418mm
シート高(前縁): 430mm
全高: 785mm
脚の直径: 42mm
丸貫の直径: 25mm

Contents
Sales & Service

椅子用ペーパーコード
デンマーク製ペーパーコードを販売しています。

桐油の販売
オイル仕上げ用の「桐油」を販売しています。

椅子の張替え
Yチェア等の椅子の張替を行っています。

ウィンザーチェア教室
英国スタイルの本格ウィンザーチェア制作教室を開催しています。

Link

興味の壺
プロダクトデザイン・メカニスム・伝統的アーキテクチャー等を紹介しています。