家具制作鯛工房

モダンでシンプルな家具を制作する家具椅子工房です

はじめに

またテレビネタで申し訳ありません。先日初めて倒産や経営危機に陥っている個人経営のお店を立て直していくという内容の番組を見ました (タイトルは忘れました)。寄せられた要請に応じ、経営コンサルタントや専門スタッフが出掛けていって、その店の問題点の分析、改善、そして結果を出すというものですが、ひと事ではなく結構考えさせられてしまいました。そのような経営危機のお店の問題点として経営者に私が感じたのは、@ 経営者の気持ちの問題(お客や消費者への感謝、誠意の自覚のなさ等) A 怠惰、怠慢、自堕落(あるいは自己管理の問題。積極的な向上への意思、姿勢の欠如) B 経営戦略の問題 (あるいは営業努力の欠如)等でありました。番組スタッフが我が工房を訪れた場合、どのようなチェックが入るか、客観的な立場に立っての分析と改善は必要だと思いました。高い理想も必要でしょう。誠意ある仕事内容も大切です。お客さんと会い、来て頂いて爽やかなと感じてもらえる我々や工房も大事でしょう。そして、認知されることも重要です。ただ独立を目標とし、家具を作れることだけで喜びを感じていた独立直後と違い、長く続けていくことはそれなりの努力、上記三点、特に営業努力は大切であると今更ながら考えてしまったのであります。他人の評価は簡単にしますが、自分のこととなると反省は難しいし、自己改革はさらにしんどいワタクシであります。

その他 (材の伸縮、材の用い方について への補足)

最近、十年位前に作って納めた座卓をバラす機会がありました(テーブルに変更)。幕板と貫の仕口は敢えて蟻(蟻形追入接)にしました。これが結構ゆるくなっていて驚きました。材の含水率が高かったに違いありません。知人で、キャリア長いウッドワーカーは、テーブルの脚と幕板の仕口は必ず小根付き二重二枚柄接にしているそうです。一般家庭はともかく、ホテルなどへの納品の場合、それでなくてはもたないとおっしゃいます。収縮を考えた場合、私も最良の対処法だと思います。なにしろ厳しい環境に置かれる家具、特に椅子は材の含水率を相当に下げておく必要があると思います。
以下、エレクトロフィジックス社の資料より種類別木製品の含水率です (抜粋)。

20% 鉄道用枕木
18% 曲げ材料用ストック
12% ボートフレーム、ガーデンファニチャー
9% スポーツ&アスレチックグッズ
8% 梁、柱など建築材
7% 挽物用ストック
6% フローリング材、サッシ、ドアー、家具

おわりに

以前に行なわれた我町の町議会選挙でも「やさしい政治」を標榜する立候補者がチラホラいました。議員も、ある字や地域の代表者ですから、当然、我部落の利益を訴えます。「やさしい政治」といえば聞こえはいいのですが、A部落とB部落の「やさしさ」は場合によって相克します。すると一方の「やさしさ」は他方には「邪」あるいは「悪」なわけで、相対的には「正」でも「善」でも「やさしさ」でもなくなります。それを収束していくのは、この場合「町益」の視点でしょうが、政治的な話はさておき…。

最近、自然塗料が関心を呼んでいるそうです。実際どの程度の関心度か、あるいは作られた関心かは判りませんが…。自然塗料メルドスの発売元のリボス社はテレピンよりイソパラフィン(注1)の方が安全だと言います。しかし、イソパラフィンはナチュラリストが嫌う化学合成品です。天然漆にかぶれる人は多く、これはりっぱなアレルギー反応ですが、問題にされることはほとんどありません。また、これもあまり問題にはされませんが、カシュー塗料も乾燥剤としてのドライヤーは添加されていますし(触媒として有機金属塩を微量 (約2%) 含む)、メルドスにだってやはりドライヤーは添加されています。私は決して自然塗料を否定するものではありませんし、安全や健康への社会の認識の向上は大切なことだと思っていますが、ここでも、きちんとした検証や実証が行なわれることなく、曖昧とした「やさしさ」や表面的な自然志向がもてはやされるばかりです。基本的な部分を押さえながらも様々な条件により、様々な選択が必要になってくるわけですし、曖昧な風評に流されることのない姿勢というものが、まずは大切だと思ってしまうのですが。

注1)揮発性イソパラフィン
イソブテンとn-ブテンを共重合した後、水素添加して得られる側鎖を有する炭化水素の化合物で、その重合度は2〜5である。製造元は何社かあります。出光石油化学、日本石油化学等です。紙面の都合で住所、詳細はそのうち掲載します。

■参考文献:1994 年度 香粧品原料便覧 / フレグランスジャーナル社

Contents
Sales & Service

椅子用ペーパーコード
デンマーク製ペーパーコードを販売しています。

桐油の販売
オイル仕上げ用の「桐油」を販売しています。

椅子の張替え
Yチェア等の椅子の張替を行っています。

ウィンザーチェア教室
英国スタイルの本格ウィンザーチェア制作教室を開催しています。

Link

興味の壺
プロダクトデザイン・メカニスム・伝統的アーキテクチャー等を紹介しています。