家具制作鯛工房

モダンでシンプルな家具を制作する家具椅子工房です

はじめに

柿の木の小枝にさしたミカンに来るのはヒヨドリ。畑に撒いた残飯をつつくのはカケスで、ミカンには目もくれません。ヤマガラはどちらにも行きません。ようやく皮からミカンの袋を引っ張り出したヒヨドリはすみやかに杉林の中に持ち込むのです。

ウインザーチェアについて (5)

最近ようやくウインザーチェアのアームタイプとサイドチェアを作り終えることができました(HP・インフォメーションに写真掲載)。私にとっては、なかなか大変な作業でした。イングリッシュスタイルです。当然トムの椅子をベースにしましたが、結果的に意匠、作り方共、かなり変えました。

作ってみて改めて感じるのは、トムの作り方が非常にアバウトだということです。誤解されるとまずいのですが、否定的な意味ではありません。
今回製作するにあたり、小国の講習会とトムの工房での講習時の製作データーが違うのに戸惑いました。つまり、彼は状況状況で、アレンジしながらレクチャーしているということを感じました。彼にはそれだけの豊富な経験と実績があり、仕上がりが見えているわけです。これがどのような問題かということですが、彼の教えてくれた方法と同じ方法で、同じような椅子を作る場合はいいのですが、方法を変えようとする場合、応用がきかなかったのです。当初、トムのアバウトな方法で作ろうとしていましたが、方法を変えようとすると、やはりアバウトではできないわけです。やはり基本的な部分は図面から追わないと角度等はでてきません。トムにはキャリアがありますからカバーできますからいいのですが…。これはあくまでも基本部分で、ウインザー作りにはアバウトな現物合わせの感覚はどうしても必要です。このあたりの処を、体感として理解するまでに結構戸惑ったのです(この辺は個々の考え方の違いによってかなり変わってくるでしょうが…)。

次に感じた点です。僕は何度も、ジョイント部分を 「もっとルーズに」するよう注意を受けました。ルーズにするとジィント部分に隙間ができます。我が国では「隙間」は技術のなさのように受け取られがちで、私自身も隙間を嫌います。しかし、「ルーズ − 隙間」がなくては組めないのです(組むことができても非常に困難)。例えば、上から見てアームボウ(肘掛)は円弧状です。バックボウ(背もたれ)は直線状です。各スピンドルは円弧状のシート後端から立ち上がり、一番上で直線状に並びます。スピンドルは微妙に曲げられて組み上がります。また、曲げパーツの曲率はいつも一定ではありません。これらをカバーするのがルーズなジョイント部分なのです。これを改めて実感しました。ただし、ルーズさは相当の「ずれ」さえカバーして組立て可能にしてしまいますから、大きな考え違いや問題点があろうとも判らないままになってしまいます。組立てられればそれで良しかもしれませんが…。

最初に原寸のスタディモデルを製作しました。これはデザインの確認と製作方法の検討・確認のためです。実は組み立て手順の大部分を忘れてしまっていて、手順確認・練習の意味合いも大きかったのです。

このシリーズは構成し直して、ファニチャーメーキング シリーズ / ウインザーチェア メーキング として連載する予定です。

インフォメーション

■掲示板として

(前号より)テーブルを納めた数箇所のお客さんのメンテに回りました。…の続き…です。

この通信をもう少し開かれた場にしたいと考えています。具体的にはこの通信が、家具作りを学びたいというアマチュアと、教室・講習を行っている家具工房を結びつける場になればと考えます。以下のような情報をお待ちしています。ご希望があれば気軽に連絡下さい。

読者の中で、木工を学びたいというアマチュアの方がいましたら連絡下さい。希望を本通信に掲載します。受講希望者の近くにある家具工房主宰者で引き受けても良いという方は、直接希望する本人まで連絡して下さい。双方、御自分でなくても、知り合いのアマ、プロを紹介してもいいかと思います。お互いのメリットになればこのスペースの意味も増します。勿論仲介手数料等は頂きません。

木工教室・講習会を開催している工房で教室の掲載希望がありましたら連絡下さい。内容を掲載いたします。というより、是非掲載をお願いします。受講希望者は希望する工房へコンタクトすればいいかと思います。
この件に関しては、できれば来月号、あるいはなるべく早めにまとめて掲載したいと思っています。開催および開催予定の工房がありましたら、ぜひ連絡下さい。

おわりに

国道沿いのサインボード(ビルボード)を少し大きいものに変えました。ワンポイント、蛍光カラーで赤い丸を付けました。これが結構目立つのです。間違いなくそのせいでしょう、めったにないことですが、若いお嬢さん三名が我工房を訪れたのです。僕は日ごろ見せたことのないような笑顔満面だったのですが、外出中の元ねえチャンが早々帰宅し、かわいそうに僕のリップサービスは心持ちトーンダウンせざるを得なかったのです。ではまた。

Contents
Sales & Service

椅子用ペーパーコード
デンマーク製ペーパーコードを販売しています。

桐油の販売
オイル仕上げ用の「桐油」を販売しています。

椅子の張替え
Yチェア等の椅子の張替を行っています。

ウィンザーチェア教室
英国スタイルの本格ウィンザーチェア制作教室を開催しています。

Link

興味の壺
プロダクトデザイン・メカニスム・伝統的アーキテクチャー等を紹介しています。