家具制作鯛工房

モダンでシンプルな家具を制作する家具椅子工房です

はじめに

ここの所めちゃくちゃ雨が降っております。工房の除湿機と扇風機は回しっぱなし。製作中のウインザーチェアのパーツは掘り炬燵の中に金網を入れ、その上に置いて乾燥させながら使っています。湿気の多さのせいか戻りはかなり早いようです。

ファニチャーメーキング (20) −家具のディテール 2-3

■箪笥 2-3 発想法:葛城弘治

前回の視点や考え方に立ち、アイデアスケッチを行いました。

いうまでもありませんが、アイデアスケッチは非常に重要な製品化プロセスです。どれだけ描いたかで品物の良さ、レベルが違ってきます。常日頃からアイデアスケッチを描く習慣をつけておくべきだと思います。
実はアイデアスケッチを行うベースには「発想法」が必要になってきます。いくら大きな概念があっても、わけも分からず手を動かしていては輝くアイデアは生まれて来るものではありません。
また、「発想法」の前プロセスとして「要素分解」があります。その製品がどの要素で成り立っているかを自分なりに分析するわけです。例えばテーブルに例を取って「要素」を挙げれば、甲板・脚・幕板・甲板・甲板の伸縮対策法等々があります。甲板を構造体として捉えるか、幕板を構造体として捉えるかで、スタイルはかなり違ったものになってきます。以上は部品としての「要素分解」です。用途によっても「要素」を抽出できます。それらの要素の意味を一つずつ考えることによって、「発想」に繋がってくるわけです。また、「要素」の消去、組み合わせ、極大化、極小化という作業によっても新たな発想の展開が生じてきます。

誤解を恐れず、「要素分解」「発想法」の一例を簡単に紹介しました。このような方法でスケッチを行っていきます。慣れると自然にそのような思考法でスケッチができます。

さらに、「要素分解」や「発想法」だけではきれいなものはできません。美的センスを養う方法としては以下の方法が必要だと考えます。
展示会やテキスト、あるいは建築物などで感銘を受けたものがあり、自分のものとして取り入れたい場合は、可能な限りすみやかにスケッチとして描下すべきです。写真やコピーで複写・保存した場合もやはりそうです。やはり、スケッチしておかなければ身の裡に定着しません。支輪などの面のディテールの場合はできるだけ原寸でスケッチを行います。面全体(例:この場合、支輪全体)のバランスを保存するためです。また、自分の品物がダサく、理想とする作品に近づけたいのだが、近づかないという場合も、時間をかけ、スケッチや原寸で描き、違う場所を特定していきます。このような作業の積み上げが、いいものへ立体変換されていくと信じます。

アイデアスケッチは滑りのいいサインペンやボールペンでフリーハンドで行います。滑りが良くなければ生きた線が描けませんし、また、発想をスムースにリアルタイムで描きたいためです。専用のスケッチブックに描いていけば後で資料になります。

おわりに

町内の建材屋でドリルビットの15.5mmをオーダーした所、そんなサイズは無いと言い張る、15mm次のサイズは18mmだといって聞かない。結局、注文できず、他の金物屋で注文。ようやく入荷したが、ショートを頼んでいたのにロングが…嗚呼。結局仕事には間に合わず。

軽トラのヘッドライトが切れ、南小国農協に注文(スバル営農サンバーを取り扱っているため。勿論型番確認のため車検証持参)。ようやく入荷という連絡で嫁が行き、交換を頼むが、うちではどうしても交換できないという。なんと、電球が入荷していた! シールドビーム(電球とレンズが一体となったもの)だっちゅうの。交換できるわけがない。間違えないように、車検証まで持参したというのに。

あるテキストを書店にオーダー、一ヶ月近くたっても連絡が無く、行ってみると、「品切れ」 で、すでに処理済み。「連絡してくれるといってくれていたのにぃー。品切れですか…」と落胆する僕に、返本を待てばあるかもしれないと、店主。その後連絡があり、「一週間位で入荷します」だって。入手できるからいいようなものの、何だったの「品切れ」は。

文具店にゴム印を注文した、確認のため版下をFAXして下さいという私に、大丈夫と言って聞かない。出来上がったものは案の定、指定と違っていた。指定と違うという私に「たいがい細かいことをいう、あんたの注文は受けられん」と、店主。

オフィス用品通販カタログの案内がインターネット経由(E-メイル)で届けられた(編注)。アスクルと同じようなサービス。オフィスで使う文具一式。アスクルには無いサービスとして、カタログにリストされていない商品も取り寄せるとなっている。早速カタログを請求した。
アスクルは1994年度4億円から2000年には445億円を達成したという。名刺、封筒印刷サービスからゴム印製作サービスまで行っている。しかも、2500円以上送料無料。午後6時までの注文は翌日届け(一般商品)。かつ、対応もすごく良い。

上記ドリルビット注文と同日、町内の文具店にロールセクションペーパーを至急で注文したのだが、現時点で何の連絡も無し。これでは町内で注文する気になれないのはしかたがないではないか。衰退していくものにはそれなりの理由があるのだ。

編注:オフィスネットワークサービス
2400円以上送料無料。午後3時までの注文は翌日配達。カタログ外の商品入手可能。
Tel:092-716-3681 URL:http//www.e-supply.co.jp

付録:ある種のドリルビット(Forstner Bit)が至急必要で、MIKインターナショナル(オーストラリア:本通信 No80 で紹介)に注文。オーダー6/14。商品到着 6/19(航空便)。送料A$10.50(オーストラリアンダラー:1A$=¥68:'99/12月時)。

訂正:先月紹介した「やきとり将門」のトン足の値段は250円です。マスターによると、美味いトン足は外が餅を焼いた香ばしさ、中はあくまでジューシーということ。

Contents
Sales & Service

椅子用ペーパーコード
デンマーク製ペーパーコードを販売しています。

桐油の販売
オイル仕上げ用の「桐油」を販売しています。

椅子の張替え
Yチェア等の椅子の張替を行っています。

ウィンザーチェア教室
英国スタイルの本格ウィンザーチェア制作教室を開催しています。

Link

興味の壺
プロダクトデザイン・メカニスム・伝統的アーキテクチャー等を紹介しています。