家具制作鯛工房

モダンでシンプルな家具を制作する家具椅子工房です

ロケットストーブを知る 補足

ロケットクッキングストーブ ロケットストーブの名称ですが、「燃焼室及び煙突(燃焼室兼煙突)」は空気と木炭ガスの再燃焼で、上方向の激しいドラフトが生じます。
それをもって「ロケット」と呼ぶようです。
(下のイラストでは、燃焼室兼煙突部分をヒートライザーと呼んでいる。このヒートライザーがロケット噴射に似ているという所以)

上のイラストは、前回の記事で触れた、ラリー・ウィニアルスキーによるロケットストーブの原理を分かりやすく描いたものです。
再度、その特徴を簡単にまとめると・・。

  • 燃料は、空気の流れを阻害してはならない。
  • スムースな空気の流れと、燃焼による木炭ガスは、燃焼室に入って激しく燃える。
  • 断熱された燃焼室内部は高温を保ち、効率的な燃焼を保障する。
    (燃焼室および煙突部分の断熱はロケットストーブの特徴である)

これは、クッキングストーブとして応用した例です。
鍋(Pot)はスカートで覆われ、高温の燃焼ガスの効率的な熱交換が行われるようになっています。
スカートを用いるのもロケットストーブの特徴です。
このロケットクッキングストーブは、アフリカ等で行われている従来からの煮炊きに比べ、燃料が半分程度で済むと言います。

別の資料によると、「燃焼室兼煙突の断面形状(四角か丸)」「燃焼室兼煙突のサイズ」「鍋の直径」による、スカートと鍋のギャップのデータが出ています。

例えば、
燃焼室兼煙突の断面形状:円筒状
燃焼室兼煙突のサイズ:直径12cm
鍋の直径:20cm、30cm
の場合、スカートとのギャップは:16o、12oです。

ロケットストーブ構造図 イラストは、室内暖房用ロケットストーブの構造図です。
断熱された燃焼室兼内部煙突は、すっぽりとドラム缶で覆われ、燃焼ガスはドラム缶下部から排出されます。
このドラム缶が熱交換器となります。

上図では、薪を水平方向に入れるようになっていますが、下図のストーブでは上から垂直に入れるようになっています。
ロケットストーブは、薪の先端に火をつけることになっています。そのため薪は、燃えていくごとに自動的に供給されるのです。
2009年10月13日

Contents
Sales & Service

椅子用ペーパーコード
デンマーク製ペーパーコードを販売しています。

桐油の販売
オイル仕上げ用の「桐油」を販売しています。

椅子の張替え
Yチェア等の椅子の張替を行っています。

ウィンザーチェア教室
英国スタイルの本格ウィンザーチェア制作教室を開催しています。

Link

興味の壺
プロダクトデザイン・メカニスム・伝統的アーキテクチャー等を紹介しています。