家具制作鯛工房

モダンでシンプルな家具を制作する家具椅子工房です

脱ソーダストストーブ

今日は、朝から雪。メチャ寒い。
この地で工房を始めた頃は、ケロシンストーブで過ごしていたことが嘘のようです。最近は、寒いだけで気力が萎えます。

所で今年は、遂にソーダストストーブを捨てました。

実は、ソーダストの容器として使っている、ペール缶を利用したインナー缶ですが、知人から、ペール缶よりも一回り大きな缶があるとのオファー。
ただし、本体側板厚が6o、底板厚が5oもあります。
一生ものです。
考えた末に、頂く事にしました。

この厚みのために、重く、本体からの出し入れは大変。というか、無理。
そのため、ソーダストを燃やすためのカートリッジとして利用することはできません。
一度設置したら、シーズン中は、ほとんどそのまま使用ということになります。

そのため、ソーダスト燃焼を止め、今年からは、通常の薪ストーブとして使用することにしたのです。
燃焼のさせ方自体は、今迄のソーダストストーブと同様です。

以前の底穴は、φ70oだったが、今回は、思い切ってφ100oにしました。
灰を落とし易くするためです(燃焼に及ぼす影響は、敢えて考えない事にした)。

また、薪の投入口よりインナー缶が高いので、投入口と重なる部分を、大きめに切り取りました。

大層時間が掛かりましたが、ジグソーで切り取りました。
結構切れるものです。

インナー缶底穴φ100oの影響で、若干燃え付き難くなったようです。
空気の流速が低下したせいでしょうか?
ただし、「マズイ」と言うほどでもありません。
今回のインナー缶式でもガンガン燃えます。

ソーダストストーブは捨てましたが、
「ホンマ製ストーブカマド SKS-510 改良ツインケース式ストーブ」 はお勧めです。

因みに、ソーダストとペール缶燃焼システムは、風呂用として活躍しています。
2012年12月10日

Contents
Sales & Service

椅子用ペーパーコード
デンマーク製ペーパーコードを販売しています。

桐油の販売
オイル仕上げ用の「桐油」を販売しています。

椅子の張替え
Yチェア等の椅子の張替を行っています。

ウィンザーチェア教室
英国スタイルの本格ウィンザーチェア制作教室を開催しています。

Link

興味の壺
プロダクトデザイン・メカニスム・伝統的アーキテクチャー等を紹介しています。